ITベンチャーキャピタルって?

ITベンチャーキャピタルとはIT関連企業向けのベンチャーキャピタルです。
ベンチャーキャピタルとはまだ上場していないが、高く成長が期待でき、
いずれは上場するであろう中小企業に
投資を行う企業のことや、投資資金のことをいいます。
基本的に、 機関投資家や金融機関などからの資金を基に
組成された投資事業有限責任組合 いわゆるファンドから資金の投資がなされます。

ITベンチャーキャピタルは融資をするだけではなく、
そのIT関連企業の株を取得します。
そしてそのIT関連企業の株式上場の際に、
その株を売却することで利益を得るのです。
これをキャピタルゲインと言います。
ですから、ITベンチャーキャピタルが投資するときには、
そのIT企業に対して本当に成長が見込めるかどうか、
将来性があるかどうかについて綿密な調査を行って、投資するかどうか判断します。

そして投資を行ったあとは、社外取締役を派遣して経営に参加したり、
販路の拡大に尽力したり、情報の提供を行ったりして、
その企業の成長をバックアップします。
インテルやマイクロソフト、アップルコンピューターなどのアメリカの有名企業は、
このベンチャーキャピタルの資金のおかげで
大企業へと成長を遂げたとも言われています。

ITベンチャーキャピタルは、
IT関連会社の成長のための資金を提供してくれる
有難い存在であることは確かですが、
経営の自由度が制限されてしまうこともあるので注意が必要です。

TOPページ |