日本のベンチャーキャピタル

ハイリターンを狙ってアグレッシブな投資を行う
投資ファンドは日本国内にも存在します。
それをベンチャーキャピタルと言います。
主に高い成長率が見込まれるような未上場企業に対しての投資を行ないますので、
ハイリスクである反面、ハイリターンを望むこともできます。

日本におけるベンチャーキャピタルの特長は、
多くを占めるのが銀行や証券会社などの関連会社ということです。
資金を動かしやすいという点もそのような特徴を有する要因にもなります。
日本のベンチャーキャピタルの中には、事業会社系や商社系などもあります。
また昨今成長している業界では、通信系も目立つようになってきています。

しかしながら日本にはベンチャーキャピタルが少なく、
先進各国と比較すると最下位に近い部類になります。
慎重で堅実な日本であるからこその結果であるでしょう。
また、一件当たりの規模に関しても日本は小さなものです。

その原因は資金調達の兼ね合いや、
ハイリスクであることも鑑みて動く国民性も色濃く反映されています。
資金供給と投資先の少なさから成長は途上であり、
キャピタリスト人材も少ないというのも現状です。
キャピタリスト人材の育成が進めば、さらなる進化を遂げることができます。

外国人投資家からの投資も少ないため、
今後はその点も重視して変化を遂げていくのでしょう。
また、欧米のように、
詳細なデータベースの整理を行うことで
発展していくことを期待することも可能になります。

余談ですがあのカヤック上場するみたいですね。
日本でもこういった面白い企業がもっと増えてくれたらと思っています。

TOPページ |