ベンチャーキャピタルの仕組みについて

ベンチャーキャピタルの仕組みは、
急成長する可能性のあるベンチャー企業の未公開株式を対価に資金を提供し、
株式公開や合併や買収時に、
一般投資家などに投資した価格より高い値で株式を売ることで
キャピタルゲインを得ます。
この時に得た利益はベンチャーキャピタルが手に入れます。

ベンチャーキャピタルファンドの仕組みは、ベンチャー企業に投資する場合に、
年金基金や機関投資家などから預かった資金をベンチャー企業に投資し、
得た利益は投資家に還元します。

ベンチャーキャピタルは、
投資家から手数料などを受け取ってファンドの運営管理を行います。
他にも、ベンチャーキャピタルが
金融機関から資金を借り入れて投資する場合もあります。
この場合は、金融機関に借入金の返済をしなければなりませんが、
利益は全てベンチャーキャピタルのものになります。

ベンチャー企業は資金を得ることで成長を加速させることができますし、
ベンチャーキャピタルは株式を売却して利益を獲得しますので、
お互いが得をする関係です。

また、ハンズオン型とハンズオフ型という仕組みもあります。
ハンズオン型は、投資先企業に取締役を派遣するなどして、
投資先企業の経営に参加します。
この場合、他の株主よりも特別優遇されることになりますので、
その分利益を得られます。

しかし、その分他の株主から不満やクレームが出やすいのが特徴です。
また、法律上株主は株式の数に応じて平等に扱わなければなりませんので、
あまり優遇されすぎると契約の修正を求められることにもなります。
ハンズオフ型は、資金を提供するだけで経営には口を挟みません。

TOPページ |