ベンチャーキャピタリストって?

ベンチャーキャピタリストとは、
その名前の通りベンチャーキャピタルを行う人のことを言います。
ベンチャーキャピタルとは成長率の高い未上場企業に対して、
投資を行い上場時に取得した株式を売却するなどして、
利益を上げる投資手法のことを言います。

ベンチャーキャピタルは成功すればかなりのハイリターンを得ることができますが、
その一方でリスクの大きい投資にもなっています。
ベンチャーキャピタリストとはそのようなベンチャー企業に対する、
投資を行う人であり経済の発展に欠かすことのできない人物になります。

これだけを聞くと、ベンチャーキャピタリストというのは自分の金儲けのためにだけ、
動いているように思えますが、
ベンチャー企業からすればそのような人が投資をしてくれるため、
会社の経営を行っていくことができ利益を上げることができるため、
このような人物というのは世の中に欠かすことができないのです。

もしこのような人が世の中に存在しなければ、
潜在的に能力がある企業であっても
資金繰りが上手く行かずに日の目を見ずに会社が潰れてしまうことになります。

このように実力のある会社が、
資金難を理由に潰れてしまうというのは社会的損失であるため、
このような企業に対して投資を行う人がいることで経済活動が活発になり、
社会にお金の循環を作ることができているのです。

また、投資した企業が必ずしも業績を上げて上場することができるとは限らないため、
ハイリターンはそのリスクに見合ったものとなっています。

余談ですが上場前の企業が証券会社に上場して、
投資家に株を買わせるIPOというものがあります。
IPOは公募価格が初値より安く利益が出る可能性が大きいため人気がありますし、
なんといっても当選できる可能性が大きいんです。
詳しくは→『エージェントゲートの上場』をご覧になって下さい。
もしかしたら当選確率が驚くほど上がるかもしれません。

TOPページ |