ベンチャーキャピタルって何?

ベンチャーキャピタルという言葉を御存知ですか。
これは経済用語であり、意味としては、どちらかと言えば投資を指す用語です。
つまり、成長を予感させる企業に対し、あらかじめ投資をし、
その企業の成長に伴い、
利子やその見返りを期待するという一つの投資方法を意味します。

簡単に言えば、良い大学、良い会社に
就職させるために親が塾に行かして子供に教育費と言う形で投資し、
将来立派になって恩返しをしてもらう、または養ってもらうというような図式です。

しかし、ここでベンチャーキャピタルとして最も重要なことは
青田買いであるこの企業をしっかりと見極めた上で
投資をしなければ思ったような見返りを生み出せない、
さらには途中で倒産してしまうというリスクもあるという、
ハイリスク、ハイリターンであるということです。

ベンチャーキャピタルとしての企業選びは
まずは上場企業を財務面から分析するやり方と海外投資や国内の新規分野参入、
または他社買収など新しい施策を持つ企業から情報を取ることが重要です。

インサイダー取引と意味こそ違えど、
ベンチャーキャピタルはその成長性をあらゆる観点から
論理的かつ、合理的に分析、予想し収益を出すという形を取ります。

業務方式としては、上場企業を買収したりする例も多く、
経済大国のアメリカではこの手法により
巨額の収益を得る企業や逆に企業としての時価総額を高めることに成功しています。
今後、日本でもこの方式がより浸透することでしょう。

最新情報

<2014.09.22>ベンチャーキャピタルの仕組みについて
<2014.09.22>ベンチャーキャピタリストって?
<2014.09.22>ベンチャー企業とベンチャーキャピタル
<2014.09.22>日本のベンチャーキャピタル
<2014.09.22>ITベンチャーキャピタルって?

TOPページ |